FC2ブログ

流れるままに戯言日記

流れるままに日々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然なるままに・・・

 何をするにしても全てが胡散臭く、危なっかしい民主党政権が、この日記を長期にお休みしている間に再度の政権交代が起こり、政権の座から駆逐されました。個人的に大いに支持している安倍政権になって、最近心が落ち着いているオッサンです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 最近いろいろとぶっそうだ。中国の尖閣への挑発行為、アルジェリアでの日本人技術者を巻き込んだテロ事件など、日本人の生命・安全を脅かす事象が急速に身近になってきたことは、これまでの平和ボケ脳を見直す良い機会(もしかすると最後のチャンス)と思う。

 世の中は不思議なことに、重大事件などが起きる前には、色々と前兆現象があるもので、つねに良い気づきをする人などはこの前兆をキチンと捕らえ、それが悪い前兆なら何らかの手を打っているものだ。ここ最近の出来事を前兆とする見方をするなら何をなすべきか、多くの人が感じるものがあると思う。

 自分の印象では早急な危機管理のレベルアップ、特に日本人が軽視してきた(?)外交・安全保障のレベルアップが急務と言える。現在の自衛隊では海外にいる日本人を自衛隊による救出がままならないというが、多くの日本人が景気の回復しない国内から海外へ積極的に打って出ている。彼らが危険にさらされることが絶対に無いように国として当り前の体制を早く整えて欲しいものだ。

 企業側も国任せにせず、あらゆる想定をして大事な従業員を守って欲しい。日中が緊迫してくるなか、昨年の反日暴動以上の事態が起こることをすでに想定しておかなければならないと思うがどうだろうか?中国内で邦人が虐殺された事件は過去に現実に起こっている。経済水準が多少上がったといえども、中国人の民族性は殆ど変わらないし、江沢民の反日教育徹底のせいで、むしろ危険なポテンシャルはより増していると考えてもいいだろう。アルジェリアどころではない事態が近未来に発生するのが見えるような気がする。

 天災にしても同様。先の阪神大震災での大都市への激震による建物崩壊、火災など、東日本大震災での巨大津波、原発事故は次なる巨大災害の前兆と捉え、対策する時間を与えてもらっていると考える方が良いと思う。恐らく次は関東直下大地震や南海トラフの連動型巨大地震だろう。この地震は阪神震災、東日本大震災をあわせてような大被害(大きな揺れによる家屋倒壊、火災、巨大津波が太平洋岸の多くの大都市を襲う)になるだろうと思う。3年間で何もしなかった、いや諸々を後退させた民主党のせいでやるべきことは山ほどある。

 民主党の負の遺産払拭も含めて、安倍総理には非常に多くの負担がのしかかっている。今度は体に十分気をつけ、しっかりとした国家の運営を期待したい。多くの国民はしっかり支えていく気持ちであることは高い内閣支持率にも現れている。相変わらずレベルの低い反日マスコミの揚げ足取りも続くだろうが、マスコミに対してはネット民が厳格にチェックと牽制を加え、度が過ぎれば袋叩きにするので、存分に力を発揮してほしいものだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matukasa.blog32.fc2.com/tb.php/440-52a00ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。