FC2ブログ

流れるままに戯言日記

流れるままに日々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に

 尖閣諸島での漁船衝突事件を発端に、民主党政権の信じられないお粗末な対応にショックを受けている。この事件のビデオをなぜすぐに公開しないのか、なぜ船長を釈放したのか、そもそも中国漁船は「本職」の漁民だったのか、一切国民への納得行く説明がない。

 いったい民主党政権は何様のつもりなのか?政権を手にして、権利を手にすれば本来国民に見せるべき情報も国家機密と勝手に決めて隠蔽し、都合の良い情報だけを流す。これが先進国の民主主義と言えるのか?中国や北朝鮮ばどの独裁国家とどこが違うのだろうか?中国も北も為政者自身の保身は当然としても、最低限の国益を守る政治はシッカリやっているだけまだ相当レベルが高い。逆に日本は為政者の保身、権力維持のみに執着し、国益など眼中に無い。まるで中国の属国のごとし。救いようがない。

 上海万博が終われば、中国は尖閣諸島侵略を進めてくるとの意見がかなり以前から言われていたが、いままさにそれが始まっていることを国民は知らなければならない。といっても今時いきなり軍を進めてくるような下策はとらない。まずは民間人或いはそれに偽装した「民兵」が近づき、それを保護するなどの名目で海上警察や海軍がバックに付く、日本の領土という事実を徐々に突き崩して、領土問題をでっち上げ、次第に実行支配へと進めるなど、あらゆるやり方で襲いかかってくるのは明白だ。今、中国がどのような意図を持って、具体的に何をしているのか、何をしようとしているのかは主権者たる国民が知らなければいけない。そのうえで正しい認識を持ち、投票行動へと結び付けなくてはならない。国民の知る権利は民主主義の支える基本のひとつであろう。残念なことに民主党はそこさえも分かっていない。

 鳩山、菅の愚かな首相、独断専行の仙石官房長官などおそらく確実に日本憲政史上の汚点になるだろう。汚点だけで済むならまだいい。無能・売国政治家がのさばれば、外患を引き込み、国力を衰退させ、国民の生命財産を軽視し、最終的には紛争の種を撒き、戦争の引き金を引くことも十分ありうる。民主党政権と日本の崩壊どちらが先にくるのか、シャレにならないチキンレースは既に始まっている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matukasa.blog32.fc2.com/tb.php/429-9fce1c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。