FC2ブログ

流れるままに戯言日記

流れるままに日々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはひどい

 宮崎県で口蹄疫が猛威をふるっています。現時点で殺処分頭数は牛と豚計6万2426頭までに増えました。大変な事態です。しかしながら、驚いたことに日本の畜産業を壊滅させかねないこの問題をマスコミは総スルー、政府も動きなし、さらに信じられないことに農水大臣が不急とも思える外遊をしていて、早期帰国さえしなかったそうで・・・。

 テレビではアリバイ工作的にチョコっと触れたみたいですが、インターネットがなければ大多数の国民が全く知らないという可能性があるました。今回の件でつくづく民主党政権の無能さ加減(いや日本破壊工作に関しては極めて有能ww)、マスコミの腐れ具合を認識しました。これじゃ、日本が周辺国からも舐められるし、沈没していくはずだわ・・。

 憲法九条教に犯された脳天気な左翼の頭の中には、思った通り危機管理という概念が全くなく、ただ花畑が広がっているだけのようです。そりゃそうでしょう。国防の必要性をまるで理解でできない愚か者に、いかなる危機も想定して備えるなどという高度な思考などできようハズもありません。憲法九条教信者に国の舵取りはさせてはいけない。これは基本中の基本です。

 今回は直接人間の健康に被害が及ぶ事態でないことが不幸中の幸い(畜産農家にとってはそれでも酷な言い方には違いありませんが・・・)というところですが、これが強毒性のインフルエンザであったらどうなっていたか。伝染病以外の災害(地震、火山の噴火、台風災害、大規模テロ)などが起きたら・・・想像するだに恐ろしい。政治主導とか言いながら何もせず見殺しにされるのは勘弁してほしいものです。無能なら無能なりに、優秀な官僚に丸投げした方がまだましです。

 政府も政府なら、それを監視する機能でもあるマスコミの体たらくはどうしたことでしょうか。口蹄疫の報道もなければ、政府の無策への批判報道さえもない。漢字の読み間違や、バー通い、カップ麺の値段、ホッケの煮付け、スーツが高級だとかで麻生政権を徹底批判し、理不尽なまでに政府に辛口であったあの姿勢はどこへやら。

 マスコミがここまで腐っているとは思いませんでした。文字通り腐臭ただようマスゴミと成り果てましたか・・・。マスコミの言う報道の自由(報道しない自由ともいう)って何なのでしょうか。だいたい自由だの権利だのを振りかざしてふんぞり返っている者にロクなものは居ないのは世間の常識ですが、まさにクズ中のクズとしか言いようがありません。

 そもそもマスコミには「報道の自由」などあるとは自分は思っていません。マスコミは公器であるはずですよね?公器が何を勝手に自由をほざいているのでしょうか。はっきりいえば、マスコミにあるのは「報道の責任」、これに尽きます。公器としてふさわしい正しい情報を国民に伝える責任しかないと。それを遵守することを大前提に「報道の自由」が与えられていることを認識せよ言いたいですね。それが分からない者たちは潰れてもらうのが世の中のためです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matukasa.blog32.fc2.com/tb.php/425-26c463ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。