FC2ブログ

流れるままに戯言日記

流れるままに日々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民の判断は自民・公明の「廃棄処分」

 選挙速報始まってますね。自民・公明凄まじい負けっぷり。小選挙区制の特徴的な現象とはいえ、ここまでの一方的な負けっぷりは想像超えてます。

 余りにも厳しい結果を見ると、国民がマスコミに踊らされて「いっぺん民主にやらせてみよう」という気持ちでこのようになったものではないと思いました。マスコミの影響が無いとはいいませんが、タダ踊らされるだけの愚かな国民性ではありません。今回の結果が自公にとって生易しいものではないことだけは確かです。長らく続いた自民中心の政権への完全なる決別、いや自民そのものを国民は不要と判断して「廃棄処分」にしたと見たほうが的を得ているかもしれません。

 小泉改革で期待した改革は、結局庶民に傷みをしいたうえに先行きの見えない不透明さを一層増してしまったように思います。身近にいる若者は就職すらままならない、中高年はリストラにさらされ、安月給の派遣に甘んじながら家族を養うという生活、正社員も長時間・過酷労働にさらされながらもその報酬は一向に上がらないどころか、精神・肉体を病んでいくものが多くなるなど、日本中で鬱積した不満、閉塞感が遂に爆発したと言えるでしょう。

 小泉氏は自民党をぶっ壊すといって改革を断行し、国民は当初痛みを耐えて支持することを選びましたが、自民はぶっ壊れるどころかますます旧態依然で首の挿げ替え、醜い内紛と足の引っ張り合に明け暮れ、国民の側は何年経っても痛みしかないのであれば、いっそのこと自民を廃棄処分してしまえという判断が働いたとしてもおかしくはありません。

 日々、成果主義の厳しさを身に染みて味わっている国民の目は甘くはありませんでした。国民の出した回答は、「傷みを知るのは今度は貴様らだ!」という反撃の拳でした。民主党は大勝におごることなく、国民の厳しい目にかなうよう期待に応えなければなりません。結果如何では、次回選挙で国民から「廃棄処分」の判断を下され、民主党は消滅することになります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matukasa.blog32.fc2.com/tb.php/410-f6225916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。