流れるままに戯言日記

流れるままに日々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニフェストに惑わされぬよう

 衆議院が解散になったが、今一選挙気分が盛り上がらないのは自分だけでしょうか?いつまでも梅雨が明けず、景気も今ひとつ。先行き不透明な中で、自分も含めて皆が自分のことに精一杯、目の前の問題に手一杯ということでしょうか。

 ニュースによると企業内失業は607万人になったそうです。とはいえ大規模なリストラを行えば世間の批判を浴びる、しかし企業の体力もいつまでも持つわけでもありません。企業からすれば給与の高い中年社員は整理したいのが本音に違いありません。人員削減の話は人ごとではありません。

 選挙が終われば恐らく自民は下野。民主党主体の政権が発足するでしょうが、その頃あたりに耐え切れなくなった企業から大規模なリストラという人員削減の嵐が吹き荒れそうな予感です。そんな状態になって若葉マークの民主で対応出来るのでしょうかね。いざという時に頼りになるは最低限のセーフティーネット。これは国家というものが健全であってこそです。最終的に国民を守るのは企業ではありません。国があってこそとの自覚をもって選挙権を行使したいものです。

 選挙を前にして、各党はなにやら美味しそうなメニュー(マニフェスト)を出してきています。特に民主党のものは如何にも釣れそうな餌を提示しておられる。安保関係ではいつもの左よりの主張h何処に消えたのか?すっかり保守的なものになっている。良く空気を読んだというか、姑息というか、節操が無いというか。

 一方の自民党、何だかんだといっても結党依頼の党是である憲法改正を忘れたかのような変節ぶり、よく言えば柔軟、悪く言えば場当たり的で中曽根内閣あたりからは完全に変質したと見て良さそうです。組織目標の自主憲法制定など捨て去ったも同然のように思えます。

 選挙はマニフェストを見て投票先を決めるというのは建前としてはアリです。しかし、組織が提示している崇高な理念・目標を鵜呑みにして良いのかという疑問は常に持ち続けたいものです。それよりも見るべきは、これまでの行動そのものです。真の姿は行動に現れるものです。かの環境テロ組織(○リーンピー○。○ーシェパー○等)、エセ同和、○教祖・・・理念、目標こそ崇高ですが、やっていることを見れば正体が見えてます。政治家も同じで、詭弁を垂れながら日本を売り捨てるような行いをしてきた者がいないといえるでしょうか。

 彼らがどのような考えを持って、どのようなことをしてきたのか、その行動しっかり検証して本質を知り、投票行動へつなげていきたいものです。何党が政権をとろうが日本の為に働く政治家を最低限選べば、今より悪くなることはないでしょう。

 少なくとも、自分の利益の為や他国や特定の宗教団体の為にしか仕事しない輩は絶対に当選させてはいけません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matukasa.blog32.fc2.com/tb.php/406-9869ac4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。