流れるままに戯言日記

流れるままに日々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迎撃妨害を目的としたテロを警戒しよう

 いよいよ北朝鮮のゴロツキどもが「人工衛星」という誰も信じない名目のミサイル発射を行うとの事です。明日から数日間は空からの脅威に注意するのは当然として、足元にも注意を怠らないようにしないといけません。

 我が国はスパイ防止法も無く、敵性国家の工作機関である朝鮮総連が堂々と存在し、警察のガサ入れにも頑強に反抗することを許しているような甘っちょろい国ですから、当然ながら日本人を拉致した凶悪実行犯、そのアシストした共犯どもがブタ箱にぶち込まれること無く、今も国内に我が物顔でうろついているわけです。

 この状況が如何に危険かお分かりでしょうか?北は何としてもミサイル発射を成功させ、外貨を稼ぐ手段にしたい上に、日本や米国への恫喝カードにしようと狙っています。金正日ももう長くは無いでしょうから、今回こそは失敗が許されるような余裕は全くありません。「迎撃したら日本の重要対象に攻撃する」と恫喝しているのもそのせいだと思います。

 当然のことながら北朝鮮本国の意図は工作員もいやというほど理解しているでしょう。彼らも何らかの迎撃妨害策に出てくることは有り得ない話ではありません。国内の工作員が出来る妨害方法として最も効果的な方法は

「テロ」です。

 それを最大限の効果とするには同時多発的に行う方法がベストです。皆で不審人物には目を光らせるとともに、出来れば多くの人が集う場所には極力近寄らないようにした方がいいかもしれません。

 工作員どもが仮にテロを起した場合、間違いなく日本人の怒りに火がつきます。タダでは済まないことを、そのリスクの大きさを覚悟してもらわねばなりません。その時こそ朝鮮総連などという組織が日本から消し飛んでしまうことを覚悟して欲しいものです。国民の団結と断固たる意思と行動が工作機関を叩きつぶす力になります。敵性国家の工作機関を野放しにするのは我々の世代までで終わりとしたいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matukasa.blog32.fc2.com/tb.php/396-6bbb2340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。