FC2ブログ

流れるままに戯言日記

流れるままに日々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面従腹背ならまだかわいい

 日本国内の政治家で、国益を堂々主張できる力量のある保守政治家はおいそれといないものです。中川昭一氏はその数少ない中の期待の星の1人です。その中川昭一氏が「泥酔疑惑」記者会見の責任を取って辞任しました。テレビを余り見ない自分が気づいた時には、その「泥酔」映像が来る日も来る日もテレビで垂れ流し状態で、その叩きぶりも最高潮になっていました。

 その映像、遅まきながら見ました。そこには確かにいつもとは違う中川氏の姿がありました。氏が酒好きであることは周知のことですが、それだけに己の酒の量の限界を良く知っておられるはず。そのような方が記者会見前に「酩酊」とも取られる状態になるのも不可解であり、同行している者がそれに気づかないのもおかしい、なんとも不可解なことばかりです。

 この件に関してはネット内には陰謀説も流れていますが、決定的な証拠が上がっていない以上、中川氏本人が言うように風邪薬を飲みすぎたというところが釈明の限界と思われます。氏に何があったのかは今後決定となる証拠が出るか出ないかが鍵になると思います。
 
 それはともかく、動画をみて気づいたことがあります。中川氏の右手側に座っていた者(中央の中川氏を挟んで反対側の男)、こいつは何者なんでしょうか?見た目(人種的に)は一応日本人のように見えますが、会見の間中川氏の様子がおかしいのに対し、何らフォローや配慮する姿勢が見えません。それどころか、ひたすら無関心を装っている様子が非常に違和感を覚えさせます。少なくとも日銀総裁や大臣よりは格下の分際であれば、会見を成功裏に終わらせるためになすべきことがあるはずなのに。

 恐らく外務か財務省の役人だろうと思いますが、役人の得意技の「面従腹背」すら可愛いとも思えるくらいの不服従の露骨な態度。少なくとも中川氏への無関心、いや自分の目には中川氏などどうでもいい、「醜態」でもなんでも晒してしまえといわんばかりの不愉快な態度は目に余りました。このような者が役人のトップクラスに踏ん反り返って、国民に選挙で選ばれた政治家・大臣に対して「面従腹背」どころか「面“背”腹背」の態度を堂々と晒しているようでは、確かに世間から官僚バッシングされても仕方ないでしょう。このような者を即刻切らないと日本はますます混迷するばかりです。

 中川昭一氏はこれからの日本にとって不可欠な政治家です。何とか踏ん張っていつの日かカムバックを果たして欲しいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matukasa.blog32.fc2.com/tb.php/389-b5c03c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。