流れるままに戯言日記

流れるままに日々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビとの別れは近い

 少し前のこと、出勤前にいつも見ている7時のNHKニュースを見て非常な違和感、というより不快感を覚えました。金正日の67歳?の誕生日とやらで冒頭からいきなり15分間以上ぶっ続けでそのニュースを垂れ流していました。寝ぼけ状態の自分は、ここは日本か?と真剣に疑問に思ったものでした。

 今や日本のテレビは天皇誕生日や即位20年のニュースなどロクに報道することがありませんが、それにしても北朝鮮に対する破格の扱い。罪も無い日本人(しかも当時中学生であった横田さんまでも)を拉致して未だに返さず、人質にして無理難題を要求する犯罪テロ国家のトップに対してですよ。ここが本当に日本かと疑問をもたれても仕方が無いのではないでしょうか。スポンサーとのしがらみが無いNHKでこれですから、ましてや朝鮮玉入れ業界の広告費に頼りきっている民放など何をかいわんや。

 テレビはもはや公共性を有した健全なメディアとは言えません。(昔から健全であったとは言いませんが、最近の不健全さに比べればまだマシ)平日のゴールデンでも違法賭博とさえ言われる朝鮮玉入れのCM垂れ流し。こんなものは子供たちには見せられません。もちろん、大人も見て不愉快になるのは言うまでもありません。

 そんなことを自分が吼えるまでもなく、我が家の家族はいつの間にかテレビとの距離を置きつつあります。居間のテレビがついていれば、誰が見ているんだ?と尋ね、見ていないようなら速攻で消すのが当り前になっています。娯楽は既にネットに移り、テレビをダラダラ見ることは全くなくなりました。見たい番組があればHDDレコーダに録画しておき、空き時間が出来た時にCMスキップと下らない評論家やコメンテータの所を飛ばしながら見るというのが定番となっています。こうすれば1時間の番組も10分か15分くらいで見終わるので無駄な時間も使わないで済みます。

 そういえば最近ブラウン管テレビの調子が悪くなってきました。これが故障したら、或いは地デジに移行して見れなくなってしまったら、新しいテレビを買い換えるかどうか全く分かりません。少なくとも今の腐臭漂うテレビメディアが改善されない限り、テレビとの完全決別も大いに可能性ありと言えそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matukasa.blog32.fc2.com/tb.php/388-840466ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。