FC2ブログ

流れるままに戯言日記

流れるままに日々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建国記念日に思う

 今日は建国記念日です。一般の会社は多分お休みだったと思います。残念ながら我が職場は休みではありませんでした。週の半ばで休めば効率が悪いので振り替え休日にするのは理解できないこともないんですが、公共性の高い職場でもないわけですから、今日くらいは休みにして、家族と歴史の話をしたり、遺跡や歴史資料館を巡ったりする日にしてはどうかと思うわけです。

 やはり安心して職場が存続出来るのも、国民が安心して生活できるのも国があってのことです。国の無いチベット、東トルキスタンの悲哀を見れば嫌でも実感できます。国民の祝日は数あれど、建国記念日や主権回復記念日あたりはそれなりの重みがあってもいいのではないでしょうか。(単に休めなくてぼやいているのではない!!)

 一方で、どうでも良いような憲法記念日はキッチリ休みとは、どこまでお馬鹿で自虐的なのか、全く情けなくて脱糞、じゃなくて脱力しますわな。

 国はほっといても、馬鹿な政治家に好きなように舵取りさせておいても、強欲な経済人が食い物にしてもビクともしないほど頑丈だと思うのは、食うに困るわけでもないのに何かに反抗したいが為にやっていた安保闘争世代のアカの連中くらいの者です。

 現実を知る多くの者は国の行く末に危機感を持っています。国家も生き物と同じで、いつまでも痛め続ければいずれ体を壊し、崩壊してしまう一方で、栄養を与えて、傷んだところには適切な治療を施せば見る見る蘇ります。国を存続させ、発展させるには何をなすべきか、建国記念日をきっかけに思いを巡らせることが出来れば、それで大変意義あることではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matukasa.blog32.fc2.com/tb.php/387-e3271526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。