FC2ブログ

流れるままに戯言日記

流れるままに日々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年頭の雑感

 2009年が明けました。世間は不況だ、派遣切りだなどとマスコミは明日をも危ういような物言いで危機感、不安感を煽り立ていますが、自然はそのような人間界のことなど何処吹く風、いつもと何も変わらず極めて正確に天体の運行を行い、季節を変化させ、変わらぬ恵みを与え続けています。

 「来年の事を言うと鬼が笑う」といいます。どうなるか分からない先のことをあれこれ言っても意味がない、無駄だという意味合いがあります。恵まれた自然環境に育った昔の日本人は、毎年変わらぬ恵みを規則正しく与えてくれる自然に感謝し、日々一生懸命に働けば、将来を憂うことなど無駄なことでしかないということを達観していたのだろうと思います。欧米や中東諸国で何々の予言とか、何とかの黙示録とかが腐るほど出てくるのに対して、日本にはそのようなものは殆どありません。太陽の紋章を掲げる日本人は本来極めて楽天家であるのです。

 世間を騒がせる米国発金融危機など、身の丈を越えた強欲な金の亡者や身の程知らずの成り上がり者に対する因果応報とでもいうべきで、如何に科学技術が発展しようと、経済が発展しようと人間は宇宙の中ではちっぽけな地球上にしか生きられない、高々寿命70~80年の「自然の産物」に過ぎないわけです。不自然な行いに対して反動が来るのは自然の道理です。結局は身の丈に合わぬ我欲も杞憂もムダを生むだけ。日本人らしく、自然の息吹を感じながらこころ穏やかに過ごしたいものです。

 世間には不況に対する先行きへの不安を過度に煽り立てたい勢力がどうもあるようです。社会の不安が増加すればするほど、社会の安定が揺らぐほど利益を得られるのは誰でしょうか。一番に挙げられるのはマスコミですし、保険業界や宗教会なども同類でしょう。そのあたりを頭の片隅において、過剰に反応しないことにしましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matukasa.blog32.fc2.com/tb.php/380-27366b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。