FC2ブログ

流れるままに戯言日記

流れるままに日々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌も糞も

 カップめんの防虫剤、伊藤ハムのシアン化合物やトルエンの混入、キリンビバレッジがフランスから輸入したミネラルウォーター「ボルヴィック」のペンキ臭といい、このところ食品への不安を煽るニュースが相次いでいます。国民の関心はすっかりこちらに流れてしまったようです。

 ところで、下手をすれば死人が出ていたかもしれないあの事件はどうなったんでしょうか?そう、中国からの毒入り冷凍インゲンです。すっかりマスコミはこの件を追わなくなり、代わって国内食品メーカー叩きをエスカレートさせています。毒入りギョーザ同様にこの事件もどうやらお蔵入りとなってしまうのでしょうか。

 それにしても、今回ふと思ったことですが、中国の毒入り事件が発生して大問題に発展しそうになると、なぜか国内食品メーカー不祥事が発生します。今回のような原因も良く分からない不思議な異物混入事件、たまたまの偶然なのか、それとも何かの因果関係があるのか・・・そのあたりは良く分かりません。偶然であればそれにこしたことはありませんが。

 日本には長野の聖火リレーで見せた中国人留学生のように、本国のコントロールのもとに数千人規模で動く極めて怪しい集団がいたり、朝鮮○連のように明らかな工作集団が居座っていたりと、他国ではカルト指定された宗教集団が、憲法違反も糞食らえとばかりに政治活動していたりと、味噌も糞も含めて色々な連中を野放しにしているので、何があっても特段驚くほどでもないのかも知れません。ただ、あまり呑気に構えていると次は本当に死人が出ないとも限りません。死人が出て初めて動き出す国民性はどうしようもありません。尊い?犠牲者になるのは自分ではないと誰が断言できようか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matukasa.blog32.fc2.com/tb.php/373-0454fec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。