流れるままに戯言日記

流れるままに日々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田政権は独立ではなく属国化を目指す政権です

 毒ギョーザ事件の真相は究明されぬまま、ズルズルと中国ペースで風化しつつありました。激減した中国食材の輸入量が次第に増え始めたのもその兆候に他なりません。再発防止も無いままに放置されれば、かならず再発し、今度は大切な命が失われることになります。

 今回の事件の原因は中国側が限りなくクロなのは、国民周知のことでしたが、それでも一部には中国の強弁を信じて、日本で混入したと認識した人も居たでしょうし、明確な証拠が無いのを良い事に、中国製を使い続けた食品製造業界、外食産業等もあったでしょう。
 
 ところが今回の報道は中国=クロの決定的な証拠になるものでした。

ギョーザ中毒、「中国側の要請で公表せず」 高村外相 (朝日)

引用以下

 高村外相は7日、中国でも6月にギョーザ中毒事件が発生していたとの新たな情報を7月初めに中国側から得ていたとしたうえで、中国側の要請で公表しなかったことを明らかにした。朝日新聞記者らのインタビューに答えた。

 また福田首相は同日夜、首相官邸で記者団に対し、新情報の報告を受けたのは「正確に記憶していないが、(7月7~9日の)洞爺湖サミットの頃」とし、8日に北京で開く日中首脳会談で事件の早期解決に向けて話し合う意向を示した。

 高村氏によると、情報は7月初めに中国外務省から北京の日本大使館に伝えられた。その際、中国側から「捜査の進行過程であり、捜査を進めるうえで支障があるので今は公表しないで欲しい。捜査が進んだ段階で新たな情報が得られればまた提供する」と言われたという。日本側は首相官邸、警察庁、外務省に限定して情報を共有したといい、公表しなかったことについては「一向におかしくない」と述べた。

 高村氏は、北海道洞爺湖サミットであった福田首相と胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席の会談や、7月末にシンガポールで行われた高村氏と楊潔チー(ヤン・チエチー)=チーは竹かんむりに褫のつくり=外相の会談でも「この情報をお互いに頭に入れながらやった」と説明。新情報を踏まえたうえで「両国の捜査機関で協力を加速させる」と話し合ったという。

 捜査状況について、高村氏は「中国のより高いレベルで(新情報を)知らせてきた。中国の対応に変化があったと評価している」と述べ、中国側が自国で発生した可能性を踏まえて対応するようになったとの認識を示した。


引用以上

 記事によると政府はサミット前の7月に情報得ていながら、中国からの要請に配慮して国民に対し隠蔽していたわけです。中国側に原因があることを決定付ける証拠を!クロに近いグレーとクロ、これは似て非なるものです。当然今まで認識の甘かった、あるいは意図的に甘く解釈していた者たちも、この事実を突きつけられれば相応の対応をせざるを得ません。国民にとっては生命、安全に関わる重大な関心事です。

 こともあろうに、それを「犯人側」の要請で公表しないとは。ネット内では何処の国の内閣だ、何処の政治家だなどと避難轟々となっていますが当然です。これはもうヘタレどころの話ではありません。中国に「厳命されて」その通りにしか出来ないという状態とはなんでしょうか。それは属国を意味しているわけです。そこまで日本は堕ちたということです。これまでは米国の属国であったのが、今や中国のいち自治区になり下がったということです。

 戦後レジームからの脱却を掲げ、真の独立主権国家を目指していた安倍首相は立派でしたが、それと比べてなんと凄まじく劣化した政権でしょうか。独立を目指すのではなく属国化を目指すとは。この人には国家のリーダーたるもの、国の独立を維持し、国民の生命財産を守ることを至上命題として、わが身を厭わず働くべきとの最低限の認識さえも無いようです。白痴か工作員のいずれかでしょう。
 
 このような者がリーダーとして居座り続けても、一気に沈没しないところが日本丸の底力なのでしょうが、それでも限度があります。もはや、この政権に期待するものは何もありません。一日でも早く、一刻も早く政権の座から追い落とされることをひたすら願うばかりです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matukasa.blog32.fc2.com/tb.php/350-827140f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。